うちの畑でグリンピースが採れました!

我が家の家庭菜園では、トマト、ピーマン、ナスを植え付けをしました。あとは、カボチャに、キュウリにゴーヤ、インゲン、ササゲ、枝豆・・・

まだまだたくさん残っています・・・(;’∀’)

昨日、10月に種をまいたグリンピースが採れました!

グリンピースについて

基本情報

エチオピアから中央アジアにかけての地域がふるさとで、生育適温は15~20℃と冷涼な気候を好みます。寒さに強く、簡単な防寒で冬越しします。スナップエンドウはさやと未熟な豆を食べる種類で、さやは肉厚、実は甘みがあります。たんぱく質、カロテン、ビタミンC、B1などを豊富に含む緑黄色野菜です。なお、未熟な豆を食べるグリーンピースも同じ仲間で同様に育てられます。

引用元:みんなの趣味の園芸 https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-517

種まきの時期

10月中旬から11月上旬ころ

収穫期

4月下旬~5月いっぱいくらい

素人の私には、スナップエンドウとの違いがわかりません💦

お義母さんの話によりますと、スナップエンドウよりも鞘が大きいのだそうです。

4月ころになると白いお花が咲き、お花がしぼむと、その根元がふくらんでこのようなさやができます。

グリンピースの栄養と美容効果

豆類特有のデンプンやたんぱく質、糖質のほか、ミネラル類では、カリウム、亜鉛、銅、マンガン、鉄を、ビタミン類では、ビタミンB1・B2・B6、パントテン酸を多く含みます。食物繊維が特に豊富で野菜類の中でもトップクラスです。不溶性食物繊維の割合が多いので、便秘の改善が期待できます。

また、野菜類の中ではナイアシンが多く含まれ、皮膚や消化管、神経などを健全に保つ働きがあるといわれています。

引用元:JAグループHP  https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=31

グリンピースのレシピをご紹介

グリンピースごはんが一番おすすめの食べ方です。たくさん採れたら、ぜひグリンピースごはんにして食べたいです。

今回は、2鞘で14粒だけだったので、シュウマイに乗せて食べてみることにしました。

レンジ3分!ぷりぷりエビもやしシュウマイ

コツ・ポイント

シュウマイの皮はなくてもOKです。
キッチンペーパーは、しっかり濡らして、端のシュウマイにもかぶさるようにした方がいいです。

完成!

はんぺんとボイルエビと加熱したもやしを使うので、レンジで3分でぷりぷり美味しいシュウマイができます。

ポン酢や、酢醤油でお召し上がりください。

ひとこと

グリンピースはスナップエンドウと同じく、さやえんどうの仲間なのだそうです。確かに、鞘の大小以外は、お花の色や茎や葉など、本当によく似ていて、私には見分けが付きません・・・