春夏のお肌とスキンケアその② W保湿のご紹介

今回は、春夏のW保湿についてお話していきたいと思います。

その前に、前回までのおさらいです。

前回までのおさらい 

春夏は、紫外線・汗・エアコンによる乾燥、秋冬は、寒気・エアコンによる乾燥といったように、日本には四季がありますので、季節によって肌を取り巻く環境が違います。

環境によって、お肌のコンディションが左右されますので、季節ごとにお肌の状態に合わせてスキンケアも変えてあげると、お肌の状態を一定に保つことができます。

春夏、お肌を取り巻く環境

春夏は、夏にかけて紫外線が強くなり、花粉ほこりでお肌も汚れやすいとき。気温の上昇に伴い、皮脂が増えて、毛穴が開きやすく詰まりやすくなります。

また、をかいたり、エアコンによる乾燥も気になるときですね。

春夏のお肌の状態

こちらは、お肌の断面図ですが、

引用元:dprogramHP https://www.shiseido.co.jp/dp/column/vol6.html

春夏は、気温の上昇に伴い、皮脂腺が発達し、皮脂が多く出やすいです。その皮脂に、花粉やほこりといったものが付着して、お肌が汚れやすくなります。また、お肌に付着した汚れと過剰な皮脂により、『皮脂膜』の水分と油分のバランスが崩れ、かゆみや赤みニキビといった肌トラブルが生じることも・・・

上記肌断面図の一番上の格子状になっているところがお肌の表面なのですが、こちらは過剰な皮脂とゴミが交じり合ったベトベト状態になりやすいのです。

そして、紫外線が強くなってくる時期ですので、このベトベトが紫外線をレンズのように引き寄せてしまい、シミの原因の一つとなったりもします。

また、紫外線による、角質層(上記断面図では角層と記載)のターンオーバーが乱れて、乾燥やくすみの原因となり、そのままにしておくと、しわの原因にも・・・

春夏のお肌のお手入れのポイント

春夏のお肌のお手入れのポイントは、

  • 毛穴を清潔に保つケア・・・クレンジング、洗顔
  • 乾燥のケアをしながら、毛穴を引き締めるケア・・・化粧水、乳液
  • 紫外線対策・・・日焼け止め、美白アイテム

となります。

春夏のスキンケアその②・・・乾燥のケアをしながら、毛穴を引き締めるケア

乾燥のケアをしながら、毛穴を引き締めるアイテムは、化粧水と乳液のW保湿です。

化粧水

役割

お肌にうるおいを与える働き

種類

保湿化粧水、収れん化粧水 

柔軟化粧水とカラミンローションというアイテムがあるのですが、、『化粧水』『ローション』という名称ではあるものの、「うるおいを与える」という効能、目的で作られたものではないことが多いです。

保湿タイプの化粧水

こちらは、さっぱり〜しっとりといったテクスチャごとの分類分けされているものが多いです。

一般的な傾向として、さっぱりタイプはアルコールの含有量が多めで、どちらかというとスーッと、サラッとした感触で、毛穴が引き締まるような使い心地が特長。

一方のしっとりタイプは、アルコールの含有量が少なめで、もったりとした感触で、お肌を緩めるような使い心地が特徴です。

お気に入りのブランドの化粧水を一年中使い続けたい、という方が多いと思いますが、これまでご紹介したように春夏と秋冬とではお肌を取り巻く環境が異なりますので、

春夏さっぱりタイプ

秋冬しっとりタイプ

といったように、使い分けをするのがおすすめです。

収れん化粧水とは、毛穴をキュッ引き締める化粧水ですので、保湿化粧水のあとにTゾーンにオンすると、テカリを防ぐことができます。

使い方

それでは、保湿化粧水の使い方を見てみましょう。

3~5cc(ティースプーン1~2杯)くらいが適量です。 

まずは化粧水を、両手でこぼさないように気を付けながら、お顔全体に広げます。

血流やリンパの流れに沿った置き方です。

お顔で手が触れない箇所がないように、指先から手の平全体を密着させて入れ込んでいくことがポイント。

これをお肌が手の平に吸い付いてモッチリとした感触が軽くなるまで、繰り返します

ティーゾーンや小鼻の辺りは、化粧水を足して重ね付けし、指の腹でトントントン…と馴染ませていくと、毛穴が引き締まり、テカリを防ぐことができます。

乾燥が気になるところも、重ね付けしましょう。

コットンで化粧水をつけるときも同様です。

スペシャルケア

乾燥が特に気になるとき、日焼けした日などはローションパックがおすすめです。

何も含まれてないシートにお気に入りの化粧水をひたひたに染み込ませて使うのもいいですし、最近はローションマスクが販売されていますのでそれでも構いません。

10分経ったら、マスクを外して、そのマスクで液をパッティングして「これでもか」というくらい潤いを送り込みます

10分以上置くとかえってお肌が乾燥しますので、時間は守ってくださいね。

乳液

役割

お肌の水分が逃げないようにする蓋の役割、お肌を柔らかくしなやかにする役割

種類

乳液のもの、ジェル状のもの

アラフォー世代は、乳液使いはマスト!
乾燥による皮脂分泌過剰を防ぎますし、しなやかでしっとりとした透明感のあるお肌に導きますので、化粧崩れを防ぎます。

使い方

乳液を効果的に使うポイント化粧水が十分に浸透してから使用すること

化粧水を付けてから大体1分ほどでしょうか、お肌表面に水気がなくなるまでしっかりと入れ込み、乳液をオンします。

量は

このくらい、10円玉大くらい。

結構多いですか?

大丈夫です!全部入りますし、このくらい使わないと、午後にはちりめんジワにファンデーションが入り込むなどの乾燥崩れが起こったりします💦

先程の化粧水の置き方と同じ要領で、乳液もお顔全体に置いて、下から上に向かって圧を加えながらしっかりと入れ込んでいきます

日中乾燥が気になるときは、こういったミストで保湿するとよりgood!

乳液も肌表面に残らないように、しっかりと入れ込んでくださいね

ひとこと

洗顔直後の肌は、皮脂膜がない状態。洗った後何も付けないでいると、肌の深部から潤いが蒸散してしまいます。洗顔後、30秒以内、遅くとも1分以内に化粧水を付けるのが理想的です。

慣れれば、ご紹介した手順も3分ほどでできてしまいますので、この機会にW保湿を見直してみてはいかがでしょうか。

次回は、紫外線からお肌を守るケアについてお話していきたいと思います。