魔性の女とその特徴 私の友人Mの話

私の友人に、周囲の人が『魔性の女』と認める女性がいます。

(本人には自覚なし)

その『魔性の女』、Mは、私の高校以来の友人です。

Mは、高校時代からモテモテで、一緒に塾に行けば、休み時間には、教室の入り口はMを見たい男子がいっぱい集まっていたし、若い高校教師達には熱烈なアプローチをされているし…社会人になり結婚した現在でも、モテエピソードは数知れず。

いつ何時も、彼女のファンがたくさんいるのです。

とにかくモテることもあってか、いつの間にかMは『魔性の女』というイメージが定着していきました。

魔性の女とは?

残念ながら私は魔性の女ではありません。

ですので、とりあえず、『魔性の女』とググッてみました。

予想通りでしたが、

『男を虜にして貢がせる』

『用が済んだら男を捨てる』

『女に嫌われる』

といった内容が多いですね。

でも、それって私のイメージする『魔性の女』というより、『性格の悪い女』とか『悪女』なのでは…?

と一人で検索結果にツッコミを入れつつ…

どうやら、本気モテする『魔性の女』を間近で見てきた私が納得する答えがなさそうだ、ということがわかりました。

真正『魔性の女』Mの特徴

私から見たMは、そういう性悪女ではありません。

月並な言葉しか思い付かないのですが、魅力的で、吸引力がすごいのです。

私が知る魔性の女の特徴をご紹介しますと…

一見、頑張っているように見えない

Mには、彼女なりの美学があります

それは、「どんなときも美しくありたい」ということ。

人との距離感のとり方がとても上手で、人が不快に思いそうなことには立ち入らなかったり、相手が不快に思うような余計なことも言わないのです。

ある時、そんな彼女に、私が

「Mってさぁ、イライラすることってないの?」

と聞いてみたところ、

「そりゃあるよ。人間だもの。

でも、人それぞれ考え方が違うし、それはそれでいいじゃない?

それに、思ったことを全部、包み隠さず表に出すことは、相手を傷つけたりするでしょ。

それって、美しくないよ

と答えたのです。

彼女の美意識に、私は少なからず影響を受けております。

Mの美意識は、全身張り巡らされているようで、所作も、言葉も、とても美しいです。

Mが余計なことを言わないことがまた、相手の男性とって、ミステリアスに感じるようですね。

そして、Mには、向上心があり、野心もあります(ただし、周りを押しのけて、ということは絶対にしない。)。

実はとっても努力家なのに、その努力すらも楽しんでいるので、一見、頑張って見えないのです。

魔性の女は、内から出るオーラがすごい

彼女と一緒に街に出ると、道行く人が「はっ」としたように彼女に釘付けになります。

私がいうのもなんですが、Mは美人ですが、よく見ると、絶世の美女、というわけではなくその辺りに普通にいる一般女性です。

でも、内に秘めたエネルギーと美意識が彼女に周囲の人を惹き付ける吸引力になっているように、私は思うのです。

魔性の女は、自分の気持ちに正直 

Mは、自分自身のことを本当に理解していて、そのときに自分のやりたいことや好きなことをよくわかっています

そして、自分の気持ちにとても正直です。

よく、男性とお付き合いすると、その男性の言いなりになる女性がいますが、Mは男性の言いなりにはなりません

かといって、彼の力量を超えるような無茶な要求をするわけではなく、自分とも相手とも上手く付き合っている感じ。

Mは、

「自分と上手く付き合えない人は、他の人とも上手く付き合えない」

と言います。

Mは自由奔放ではありますが、ただ気持ちに正直なだけ。 

でも、相手への配慮もちゃんとできる人。

自分の気持ちにも、相手の気持ちにも折り合いがつけられることが、彼女が愛される一番の理由なのです。

魔性の女は自立している

相手への配慮ができるMは、男性に金品をねだって「貢がせる」ということはありません。

(ただし、男性の方が、Mの気を引くためにプレゼントをする、ということはある)

なぜなら、向上心のある彼女は、自分で未来を切り開いていくことができるから。

誰かにやってもらうことばかり考えている人は、モテないし、まして魔性の女にはなれません

そして、一歩引く、ということもできるのがM。

自分でもできるけど、相手に花をもたせることもサラッとできてしまう女が本当のいい女だということを、Mは知っているのです。

魔性の女は、合理的で男性的

Mは、経済的にも精神的にも自立していますので、いい意味で他人に期待していません

過度に他人に期待することで、自分の気持ちを不安定にすること、変えられないものに執着しないことが自分の心の平穏を保てることをMが理解しているからです。 

そして、彼女の思考は、とてもシンプル

不毛なことで、いつまでもクヨクヨ悩んだりせず、気持ちの切り替えが早く、思い切りもよいです。

女性的な外見と、内面の男っぽさ、というギャップは、男性にとってはとても魅力的に思うのだろうと思います。

魔性の女は、人間性も優れている

そういうサバサバした性格なので、誰かに媚びたりすることはなく、誰にでも分け隔てなく接しています

そういう完璧な女、Mですが、ちょっと抜けていて、そこが可愛らしく、愛されポイントなのだと思います。

魔性の女まとめ

魔性の女と認識されているMですが、魔性の女のイメージは、まっすぐな彼女を、周りの人が色々と深読みしすぎて作りあげた幻想なのかも…。

ここまでMのことを書いてきましたが、『シンプルリッチ』とは、彼女の生き方そのもの。

仮に、Mのような女性を『魔性の女』というのだとしたら、魔性の女とは、シンプルリッチを極めた女性なのかもしれません

非常に魅力的なMですが、同性から僻まれたり妬まれたりなど、やはり、色々と苦労することも多かったのですが、彼女の美学に基づき、冷静に対処していました。

現在、Mは会社を立ち上げ、経営も軌道にのり、充実した日々を送っています。

いつもキラキラしていて、私にとって、最も尊敬できる友人。

お互いに若いとは言えない年齢になりましたが、たまに会うと、劣化するどころか進化し続けているMの魅力に、私も虜になっています(笑)