大人二人、野菜たっぷり&献立に悩まず1週間3000円台で乗り切るコツ。ver.2 海鮮丼に合う献立

私は、平日はフルタイム勤務で、帰宅は毎日午後8時半。

食事の支度(その日の夕食)や洗濯物をたたんだり…は、朝、出勤前にしています。

朝の慌ただしさといったら、まるで戦争のようです💦

※私の朝のスケジュールを書いた記事です。↓

そんな慌ただしい朝に、日々の献立を考えるなんて…

無理!(>_<)

そうでなくても、献立は、悩み出すといくらでも時間がかかってしまうもの。

そこで始めたマイルール。

このマイルールに従い、献立を決めるようになったところ、とてもスムーズになりました!

この記事では、私のマイルールにしたがった献立をご紹介していきたいと思います。

※ご参考までに、前回の記事まで、献立を決めるコツをご紹介させていただいております。↓

ちなみに、献立に悩まないコツは、こちらの過去の記事がベースとなっています。

シンプルな献立のためのマイルール

私の中でのマイルール。

それは、

●肉や魚系のおかずから決める

赤系、青系、白系の食材を取り入れる

ということです。

それだけ…?!

そう、それだけです。

大したルールではないのですが、これで決めていくと楽に献立を決められるようになりますよ♪

(週末になると、食材が少なくなってくるので、ルール通りにいかないこともしばしばですけどね💦)

肉、魚系のおかずを決める

今日は、ちらし寿司のネタが安かったので海鮮丼にします!

寿司酢は出来合いのものを使いますので、楽ちんです。

●海鮮丼

作り方

1.ご飯は寿司飯用に固めに炊く。ご飯が炊けたら、熱いうちに寿司酢を加え、うちわで仰ぎながらまぜる。

2.ネタを乗せて出来上がり。

3.お好みで、お醤油とわさびを添えていただきます。

赤系、青系、白系の食材を取り入れる

それでは、メインのおかずの色味を見ながら、副菜を決めます。

●海鮮丼に合うおかず・・・

副菜①・・・ピーマンとえのきのめんつゆおかか和え

作り方

1.耐熱ポリ袋に、ピーマン、えのき、水大さじ1を入れて、レンジ700wで4分加熱する。

2.鰹節、めんつゆ大さじ1を加え、和える。

副菜②・・・卵焼き

作り方

1.3センチくらいの深さがある大きめの耐熱皿にラップを敷き、卵3個、めんつゆ大さじ1、片栗粉小さじ1を入れよく混ぜた後、レンジ(700W)で1分20秒加熱する。

2.1を取り出しかき混ぜて、更にレンジで1分加熱する。

3.2を軽く混ぜ、形を整え、ラップの端を閉じて、更にレンジで40秒加熱する。

※片方の端は、少し開けておいてください。

副菜③・・・冷やしトマト

作り方

1.冷やしたトマトを切るだけです♡

汁物・・・豆腐とほうれん草の味噌汁

作り方

1.水300CC、鰹節、昆布を入れ、煮立ったら鰹節と昆布を取り出し、切った豆腐を加える。

2.再び煮立ったら、サラダほうれん草を加え、しんなりしたところで火を止め、味噌大さじ2を加え、再び火にかけ、煮立つ前に火を止める。

※サラダほうれん草を使うと、下茹で不要で楽です。

ひとこと

味付けは、様子を見てお好みの味に整えてください。

ちょっとボリュームが少ないかなぁ?と思ったら、冷奴を加えるといいかもしれません。

お刺身は、購入したその日にいただき、その他冷凍できるものは購入したその日のうちに冷凍すると、ウィークデーのご飯の用意が楽になります。

よかったら、試してみてくださいね。