一生ものの腕時計で、大人の品格を演出しよう!

数年前まで、私は『腕時計をしない派』でした。

携帯を見れば時間はわかるし、締め付けられるような感じがして苦手だったのです。

そういう理由で、ネックレスやブレスレットといったものは今でも苦手です。

ネックレスとブレスレットは、自分で買ったものではなくいただきものを持ってはいるものの、身につけることは滅多にありません。

時計をするようになったきっかけは、私が出会った素敵な女性の影響。

時計に全く興味がなかった私でしたが、歳を重ねるにつれて、素敵な大人の女性と出会う機会が増えるとともに、出会った素敵な大人の女性が、高級そうな腕時計をしていることに気付いたのです。

ある時、素晴らしい腕時計をしている素敵な女性に、腕時計をする理由を聞いてみましたところ、

「腕時計はね、女の品格が宿っているの」

とのこと。

腕時計に宿る大人の品格

その女性曰く、

「高い時計ってね、身に付けるだけで高揚感を感じるけれど、ただそれだけじゃない。

はじめは、自分と時計はミスマッチかもしれない。

でもね。

不思議なことに、その時計をしていると、自分の方が、その時計にふさわしい自分になるように変わっていくことができるの」

とのこと。

その女性は、身につけていた時計を

「つけてみる?」

と私に貸してくださったのですが…

残念ながら、当時の私にはミスマッチだったのでした…

一生ものの時計との出会い

それからまもなくして、ボーナスが出たので、その素敵な女性と同じ時計を購入することにしました。

セイコーの、グランドセイコーという時計です。

確か、天海祐希さんがCMに出演されていました。

間近で見ると、その存在感に圧倒されるようでした。そして、文字盤の輝き、流線型の美しさに惚れ惚れ。

時計に相応しい自分になるべく、毎日身につけて、数か月した頃、仕事で銀行に行ったときがありました。

電話でお話した銀行員の方、対応があまり良くなくて、お会いするのがとても嫌だったのですが、実際にお会いしてみると…

ご挨拶の直後、時計に視線が!

そして、

「いい時計をされているのですね」

とお褒めいただき、電話とは違い、とても親切にしていただいたのです。

時計によって、その人の中での私の印象がアップしたのでしょう。

よく、

「銀行員の方は、時計と靴を見る」

とお聞きするのですが、本当にそうなのかもしれないなと思った出来事でした。

電池交換も神対応

私の時計は電池式。

電池交換は、セイコーから専用の箱を送付していただき、その箱に入れて送付して、電池交換をしていただきます。

その際、セイコーの方で、時計を分解して、不具合がないかも確認していただいたり、時計をクリーニングしていただいたりするのですが、新品のようにピカピカになって戻ってくるので、驚きました。

ちょっぴり高かったけれど、大満足の時計です。

ということで、私はグランドセイコーと、こちらの時計の二つを愛用しています。

ひとこと

私のグランドセイコーと同じ仕様のメンズの時計がありまして、夫にペアウォッチ風としてプレゼントしました。

飽きのこない、シンプルだけれども存在感のあるこの時計は、まさに一生ものです。