2020年夏のメンズコーデのトレンドを押さえて、主役級のTシャツとサンダルを着こなそう!

今日は、メンズファッションについてご紹介したいと思います。

といっても・・・メンズのお洋服って、レディースと比べて、バリエーションに乏しいですよね💦

私も、夫のお洋服選びでは、なんだかワンパターンになりがちで・・・

皆さんはいかがでしょうか?

2020年の夏のトレンド

それでは、2020年夏のメンズファッションのトレンドをチェックしてみたいと思います。

とあるお洋服店の店員さんのお話によると、

・レディースと同じく、ビックシルエットが人気

白やベージュの色味が人気

とのこと。

なんでも、ファッションショーでは、全身白のコーディネートが目立っていて、

「これから来る色は白だ!」

だと注目されていたんだとか!

夏に着やすい色ですから、確かに活躍するでしょうね。

レディースファッションも夏になると白やベージュの色味が多くなりますから、抑えるべきポイントはレディースと同じかもしれないですね。

主役級のTシャツが欲しい!

とはいえ、夏のメンズファッションでカジュアルなものと言えば、Tシャツかポロシャツといったところに落ち着きますよね。

ですので、ありふれたTシャツではなく、質の良い、ひとクセあるTシャツを探しました。

こちらは、Dry BonesというブランドのTシャツ。

【Dry Bones】

ヴィンテージ風のデザインを展開するメンズブランドで、東京(代官山)、名古屋(大須)、大阪(北堀江)、福岡(大名)に直営店があります。

オシャレな街、代官山でお店を構えている、知る人ぞ知るブランドなのです。 

また、アーティスト、ミュージシャンとの交流も多いとのことで、そういったテイストを感じられるお洋服も多いです。

ロック大好き♡な男性や、人と被るのが嫌いという、30代~50代の男性におすすめです。

プリントTシャツ「ゴットファーザー」

すいません。

いきなり、トレンドの白を外してしまったのですが・・・(笑)

デザインが気に入っってしまいました。

こちらは、GOD FATHERをモチーフにデザインされたTシャツ。柔らかく肌触りの良いコットン天竺を使用し、通気性に優れています。

夏場だけでなく、秋口は下にロングTシャツを合わせて重ね着しても◎。


プリントTシャツ”DOOWOP DAY2019”

こちらも、柔らかく肌触りの良いコットン天竺を使用し、通気性に優れています。

プリントのデザインと色味もカワイイです♡


プリントTシャツ“ELEPJANT”

素材は、柔らかくて肌触りの良いコットン。

このゾウとヤシの木の柄がキュート。


プリントTシャツ”ロカビリー ビンテージ”

これぞ『ヴィンテージ』という感じのデザインです。

生地の色味もいい感じでヴィンテージ感を醸し出しています。

柔らかく肌触りの良いコットン天竺を使用し、通気性に優れています。


白Tシャツに合わせたいアイテム

プリントシャツ”MUMMY”

こちらは、1950年代後半のヴィンテージハワイアンシャツを基にして作られたものだそうです。
遊び心のあるデザインとなっています。
コットンクロス地を使用し、吸湿性に優れている為、汗をかく季節にも快適。

肌触りも柔らかく、素肌の上に着ることはもちろん、ボタンを開放し、Tシャツの上にさらっと羽織る重ね着風もおしゃれです。

ポケット部分は柄合わせがされて、ポケットが一体化している美しい仕上がりが特徴。
ブルー・ホワイトのデニムやチノパンのほか、ハーフパンツと合わせたコーデも楽しめちゃいます。


↓こちらをクリックするとDry Bonesのサイトに飛びます↓

サンダル

トップスに白を持ってきたら、足元は軽やかに仕上げたいもの。

夏でしたら、涼し気なサンダルや、ハーフパンツで足元の素肌を少し見せてあげると、コーディネートがぐっと軽やかになり、おしゃれです。

こちらは、機能とファッション性を備えたビルケンシュトックのサンダルです。

最高の履き心地を追求し続けたこのブランドのサンダルは、一度履いたら止めなくなります。


まとめ

今回は、職場のおしゃれ男子達に教えてもらったお店のお洋服などをご紹介いたしました。

以前から、

メンズのお洋服は、バリエーションが狭くてつまらん。

と思っていたのですが・・・

いろいろなテイストがあって奥深いものなのだということを発見できて、よかったです。